医療法人社団白水会

お口の健康インプラント治療訪問診療各医院案内医院活動白水会案内

お口の健康
誤嚥性肺炎
背景誤嚥性肺炎口腔ケアの必要性

 背景

 日本人の死亡原因、三大疾病である悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患に続き4位に肺炎があります。 肺炎を原因とした65歳以上の死亡率が96%と非常に高く、90歳以上では死亡原因第2位に順位があがります。
 高齢者の肺炎は、誤嚥【ごえん】(口の中の唾液、たん、食べ物が気管の中に入り込むこと)によって、口の中の細菌が肺まで到達し炎症を引き起こすことが起因していることが知られてきました。
 脳血管障害(脳梗塞、脳内出血)や、パーキンソン症候群、アルツハイマー型痴呆症(認知症)の方は、嚥下障害(飲み込みの障害で喉の神経や筋肉が正常にはたらかない)があり、肺炎を起こしやすいのです。
 一度食べた食事が、胃から食道に逆流して誤嚥して起きることもあります。便秘や大腸ガンなどで腸の通過が悪くなって嘔吐したときに吐瀉物【としゃぶつ】(体外に吐き出された胃の内容物)を気管に吸い込んで起きることもあります。
 経鼻経管栄養(鼻から胃に管を入れて栄養剤を入れる)や、胃瘻【いろう】 (おなかから胃に管を入れ、栄養剤をいれる)の場合も発症することがあります。胃瘻のほうが、経鼻経管栄養より肺炎の発症が少ないようですが、まったく発症しないわけでもありません。
 高齢者の肺炎は、夜つくられると言われるそうです。健康な老人であれは夜ぐっすり寝ていても飲み込む動作はあまり低下しないのですが 、脳血管障害のある方や向精神薬(鎮静剤など)を服用している方は、熟睡しているときに不顕性誤嚥【ふけんせいごえん】(胃液が肺の中に入る)を起こすことがあります。

ページ先頭

 誤嚥性肺炎【ごえんせいはいえん】

 飲み物や食べ物を飲み込む動作を嚥下【えんげ】と言い、食道を通って胃に運ばれます。食道と気管は隣り合わせで、気管の入り口(喉頭【こうとう】)が大きく開いており、このままでは飲み物・食べ物が気管に入ってしまいます。それを防ぐためにフタの役目をもつ喉頭蓋【こうとうがい】という軟骨からなる部分が、嚥下の動作により気管の入り口をふさぎます。

 健常者でも誤嚥はしますが、吐き出そうとする動作(咳やむせ)により気管から出そうとします。 誤嚥により口の中の細菌が気管や肺に入り込んでも、体力や抵抗力・免疫力により細菌を駆除できるので、生活していく上でさほど影響はありません。

 高齢や脳の病気などの影響により嚥下機能の低下がある場合、うまく飲み込めず、喉頭蓋の動きが低下し、誤嚥した際の咳やむせといった動作も鈍くなり、気管への誤嚥を招いてしまいます。 誤嚥によって口の中の細菌が気管や肺に入ってしまい、体力・抵抗力・免疫力の低下などにより細菌を駆除することができす、細菌性の肺炎にかかる危険度が増します。

誤嚥イメージ

ページ先頭

 口腔ケアの必要性

 日常の歯磨きや入れ歯の清掃・手入れなどを行っていない場合や不十分な場合、口の中で細菌が繁殖を続けています。口の中をきれいにすることで細菌を減らし、誤嚥性肺炎のリスクを低減させることができます。
 当白水会では、ご依頼があれば居宅、施設等に訪問し「口腔ケア」を実施しております。詳しくはこちらのページをご覧下さい。


<肺炎発症率>

グラフ

(米山武義ら:要介護高齢者に対する口腔衛生の誤嚥性肺炎予防効果に関する研究、日本歯科医師学会会報誌2001 より引用)

ページ先頭

Copyright © Hakusui-kai All Rights Reserved.