木の実歯科

設備の紹介

減菌、衛生的な環境

患者さんに安心で安全な器具で治療を行えるよう、消毒・滅菌を徹底するための設備も充実させ専従の担当者も置いています。設置している機材も世界最高水準のクラスB滅菌機、歯の切削で用いるタービンの滅菌を行う専用の機材、国際規格に準拠した高性能洗浄機を使用しています。また、消毒・滅菌システムをマニュアル化し、誰もが何時も同じレベルで作業が行われるようになっています。消毒室の位置も患者さんから見えるように院内の中心部に配置しております。

サプライ専属スタッフ 越智
サプライってなに?
主に院内の物品供給・洗浄・消毒・滅菌を行っています。
感染予防のため器材を清潔にし、歯科医師・歯科衛生士が使用できる状態にしています。
大切な患者さんの安全を守る大切な役割を担っております。

CTスキャン

歯科用CTとはCT撮影装置とコンピューター処理により撮影データを3次元的に構築し、神経や血管の位置、骨の状態、病状の進行具合などさまざまな情報を、3D画像によって確認することができます。

DAC

治療に使用した後の歯科用ハンドピース(歯を削るドリルの柄の部分)には、様々なウイルスや病原菌が付着している為、患者さん毎に滅菌をします。DACは、菌・微生物を完全に死滅(減菌)することができる器具です。

マイクロスコープ

歯はそれぞれ形が異なり、非常に複雑な構造になっています。そのため、扱う方も高い精度が求められてきます。
そこで活躍してくれるのがマイクロスコープ(Carl Zeiss社)。簡単にいうと歯科用の顕微鏡です。主に根の治療や高い精度の必要な時に使用していきます。

ミーレジェットウォッシャー

ミーレのジェットウォッシャーは、治療に使用する器具の熱水消毒器です。
洗浄・すすぎ・消毒・乾燥までを自動的に行い、感染リスクを軽減。複雑な機器の外部だけでなく内部もすっきり洗浄し、素手で触っても安全なレベルまで消毒できます。
ミーレジェットウォッシャーのプログラムでは、最終工程で93℃/5分間の熱水消毒を行います。これは、消毒水準分類における「芽胞を除く微生物を殺菌する」という高水準消毒(high-level disinfection)に相当し、B型肝炎ウイルスなど耐熱性病原体も不活性化する水準になります。

クラスBオートクレーブLisa

ヨーロッパで最高ランクと言われるクラスBの減菌器「Lisa」。 当院では、一般診療に使う基本セットなどはもちろんのこと、インプラント治療に使われるオペ器具などもすべてLISAで減菌処理をしています。これまでのオートクレーブによる減菌では行き届かなかったところまできちんと減菌できます。